たっちょのサブブログ

ババっと書いて、ササっと公開してます

Bloggerで英語ブログ開設の勧め


-Sponsored-

f:id:taccho:20180117090945p:plain

 『Bloggerで英語ブログ開設の勧め』と題して、英語ブログ開設を勧める理由3つと、Bloogerを使う理由3つをご紹介します。

英語ブログ開設の勧め

英語の勉強に

これはいうまでもありませんが、英語でブログをやることで、英語の練習になります。特にTOEFLはパソコンで試験が行われ、ライティングの科目もあるので、TOEFL対策にもってこいではないでしょうか。 

ターゲットの人数が数倍に

 日本語を話す人間は1億人しかいませんが、英語を話す人間は5億人以上いると言われています。英語でブログを書くということは、それだけの人にリーチする可能性を秘めているということです。(それだけライバルが多いという裏返しもあります)

ブログをやる恥ずかしさ軽減

ブログをやろうと思いつつもできない人の理由として、知人に見られた時の恥ずかしさをあげる人もいるんじゃないでしょうか?(僕はそれを強く感じてしまうので、未だにSNSでブログをシェアしたことがありません。

しかし英語でブログを書けば、知人の目に止まる可能性は少ないですし、おそらく多くの人は文章を見た瞬間読む気が失せるでしょう。シャイな方にはピッタリだと思います。

ブルーオーシャン

これは『ブロガー』として活動したい方向けの話です。

 一見、英語のコンテンツは日本語のコンテンツに比べて圧倒的に量が多く、英語でブログを書くことはレッドオーシャンのように思えるかもしれません。

 しかし、その一方で日本のことを知りたがっている日本ファンな外国人は多いですし、日本のことを英語で発信している方はあまりいないように感じます。つまり書く内容によってはライバルが少なく、十分にブルーオーシャンだということが言えるのではないでしょうか。

現に僕の英語ブログは、大したこと書いていないと自覚していますが、日本語ブログよりもアクセスを集めています。

Bloggerとは?

まずはBloggerの紹介をしたいと思います。BloggerとはGoogle社が提供しているブログ運営サービスです。日本ではあまり馴染みのないサービスですが、欧米ではかなりのユーザー数がいます。

 無料でブログを立ち上げることができ、さらにGoogle Domeinを使って独自ドメインでブログを運用することもできます。

Bloggerの勧め

英語圏で人気

 日本でブログをやるとしたら、はてなブログやライブドアブログが多く選ばれるサービスだと思いますが、英語圏ではBloggerのユーザーもかなり多いです。ユーザーが多いとそれだけ目に留まる可能性も増えるのでBloggerはオススメです。

アクセスが集まりやすい

 Googleのサービスだけあって、SEOは強いのではないでしょうか。個人的な感想ですが、特に拡散などしなくても、勝手にアクセスが伸びていっている風に感じました。

低コストでマネタイズ

 例えば、はてなブログをマネタイズしようとするとします。そうするとアドセンスやアフェリエイトを使うと思いますが、その前にはてなPro(月間1000円程度)と独自ドメイン(年間500~2000円程度)の登録が必要となります。Wordpressでは月8ドル程度のプランの申し込みが必要です。

 一方、Bloggerの場合、15記事程度を書くと、無料でアドセンスが使えるようになります。独自ドメインを設定しても、年間2000円程度なので、超低コストで始めることができます。

Bloggerのデメリット

デザインテンプレ

 Wordpressやはてなブログと比較した時に、ブログデザインでは大きく劣ってしまうのではないでしょうか。もちろん工夫次第でどうにでもなりますが、テンプレートの少なさは、改善して欲しいところです。

機能

 Wordpressにはプラグインと呼ばれるものがあり、機能を補充できますが、Bloggerにはありません。Wordpressに比べて、機能的に劣っているのは間違えないです。

中国

 BloggerはGoogleのサービスなので、中国からアクセスすることができません。中国にいる10億人にもリーチしたいと思ったなら、自分でサーバーを用意してサイトを作るか、Wordpressを使うのがいいと思います。 

終わりに

Bloggerは好き嫌いが別れると思いますが、英語でブログをやることはメリットでしかないので、ぜひ初めて見てください。Bloggerが嫌いな人は、Wordpress、Mediumなどを使うのがいいのではないでしょうか。ちなみに僕の英語ブログはこちらです。

追記

この記事を書いた後に、デザインに凝ったサイトを作りたい衝動に刈られ、Bologgerから移転しました。

http://hirotomotaguchi.com/en


-Sponsored-