たっちょのサブブログ

ババっと書いて、ササっと公開してます

ボストンキャリアフォーラムに参加してきた


-Sponsored-

f:id:taccho:20171123160305j:plain

こんにちは。大智です。 先日、ボストンキャリアフォーラムに参加してきました。感想としては、いい話はいくつかあったものの、全体的に苦戦したなというのが正直なところです。僕は来年も参加する予定で来たので、今回見つけたTips的なことを来年の自分に向けて書いていきたいと思います。

準備編

申し込み(4ヶ月前)

ボスキャりに参加すると決めたら、とにかく早い準備をオススメします。まず準備すべきなのはホテルと飛行機。期間中は学生・企業の人事など沢山の方がボストンに押し寄せるので、価格が高騰します。できるなら6月・7月の時点で航空券を押さえておくのがベストでしょう。

またフォーラム期間中はいつ予定が入るかわからないので、大学のスケジュールと相談して、できるだけ長い期間滞在できるようにしておくこと選考が優位に進みます。

事前応募(3ヶ月前)

ボストンキャリアフォーラムに参加すると、3日間で内定がもらえると思ったら大間違えです。もちろん期間中に沢山内定が出ますが、その内定の多くは事前応募を行い、Skype等を利用した面接を行ってきた人のみができることです。7月にホテルを予約したならば、すぐにSPIの勉強を始め、8月中旬から9月上旬までには興味のある企業の事前応募を終わらせましょう。

事前応募の予約が始まるのは企業によってまちまちなので、CFNのサイトを小まめにチェックし、オープン後すぐに応募するのがミソです。 企業によっては何百通もの応募を受けるところがあり、応募が遅くなれば遅くなるほど、エントリーシートを読んでもらえる確率が減っていきます。

フォーラム参加準備(1週間前)

ボスキャリでは事前応募が命ですが、もちろんウォークインでも申し込みを行うことができます。その際には日本語・英語のレジメが必要になり、この少ない情報の中でどれだけ印象を残せるかが勝負の分かれ目です。CFNのサイトでもレジメを作成することができますが、イケてないのであんまりオススメしません。また顔写真を貼らずに出すのも論外です。(たまにそういう人もいます)

レジメに必勝法はありませんが、自分の学歴・経験・得意な事等をしっかり見つめ、それをしっかりとアピールできるようなレジメを作り上げましょう。またボスキャリ会場内で印刷することもできますが、白黒印刷しかないので、あらかじめ印刷して持って行くことをお勧めします。レジメと関連して、無地のクリアファイルを申し込む企業分用意しておくといいかもしれません。企業によっては追加課題と一緒に提出という企業もあるので、バラバラにならないような対策は必要です。

フォーラム期間中

0日目(木曜)

早い人はこの日からボストンでの面接が始まり、中にはこの日中に内定をもらいディナーに誘われる人もいます。先ほども書きましたが、大学の授業に余裕のある人は木曜日の朝にはボストン入りしましょう。(できることなら前日夜) 

またこの日の夜には予約制のボスキャリ直前対策セミナーとレセプションパーティがあるので、面接が入っていない場合は顔を出しておきましょう。いち早く会場を見て雰囲気をつかむことができます。この時、会場マップをもらうことができるので、夜ホテルに帰ったら、よく読み込んで自分が気になっている企業の位置を掴んでおくことが重要です。蛍光ペンか何かでチェックしておくと分かりやすいでしょう。

1日目(金曜)

いよいよボスキャリ当日。事前に申し込みが済んでいる人はいいですが、そうではない人はこの日にどれだけウォークインでエントリーできるかが鍵となります。

まず行うべきなのは各企業ブースを回り、ウォークインのエントリーの形式やセミナーの時間を把握することです。エントリーの条件は企業によってもまちまちであり、セミナーを聞く必要がある会社や、追加課題を課す会社もあります。 それらを確認し、自分の面接スケジュールと照らし合わせながら、無理ない予定を立てましょう。

セミナーを聞いたり、追加課題がなく、ポストのようなところにレジメを入れるだけという企業も中にはありますが、そのような企業でもただレジメを出すのではなく、ブースにいる方に話しかけて、印象を残してから提出するようにしましょう。もしかすると提出する前にレジメにメモを残してくれることがあります。

2日目(土曜)

2日目は流れとしては1日目と対して変わりません。唯一違うところと言えば夕方以降。企業によっては「18卒限定」や「正規留学生限定」等の応募条件を課している事もありますが、1部企業ではその条件がなくなる事もあります。多くの人は2日目は疲れ果てて帰ってしまいますが、もしも条件的に自分の行きたい企業にエントリーすらすることができなかった方は夕方まで粘ってみるといいことがあるかもしれません。ここでエントリーしておくと、ボスキャリが終わった後に優先的に選考に参加できる可能性があります。

3日目(日曜)

1日目・2日目とうって変わって人がかなり減ります。内定を貰った多くの人は街へ観光にいきます。逆にここでは人気企業の方とじっくり話すチャンスでもあるので、いっぱい話したいことがある人にとっては狙い目かもしれません。

終わりに

ボストンキャリアフォーラムは思いの外ハードなイベントでしたが、正しい立ち回りをすることで実力以上の内定をもらうことができるイベントなのではないかなと思いました。来年また参加するのが楽しみです。もし参加するよって方はお声掛けください。


-Sponsored-