たっちょのサブブログ

ババっと書いて、ササっと公開してます

エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢~渡米・面接・転職・キャリアアップ・レイオフ対策までの実践ガイド


-Sponsored-

f:id:taccho:20180117083153p:plain

エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢』を購入して読んでみました。どうしても人間は自分の置かれている環境のことをよく言ってしまうもので(特に公共的な場では)、アメリカにいる人はアメリカびいきになりがちなところですが、著者である竜さんは、どこまでも客観的に語っているなという印象です。

著者プロフィール

東北大学大学院情報科学研究科出身。日本ヒューレット・パッカード社在籍中に米国駐在。日本帰任後に米国移住を決意し、再度渡米。Agilent Technologies、Amazon.comなどを経て、現在はMicrosoft Corporation で働いている。 

内容について

まず最初にアメリカで働くということはどういうことなのか、メリットとデメリットを交えて紹介しています。その後は最大の難関であるビザの話をはじめ、レジメの書き方、インタビュー突破方法、転職に関する考え方、レイオフに備える方法などについて、実際のエピソードを交えながら解説しています。

 『エンジニアとしてアメリカで働く』ということに対して一通り網羅している点が非常に嬉しかったです。

感想

 冒頭にも書いたように、非常に客観的というか、アメリカを賞賛し過ぎることなく、アメリカの魅力について紹介していたのが印象的でした。日本で働いた方がいいとか、アメリカの方がいいとかということではなく、メリットとデメリットを理解した上で、自分にあった方を選択することがベストなんだなと思います。

 またアマゾンの面接官を勤めていたということなので、面接官目線でのインタビュー突破方法や内情について語っていたのも、非常に面白かったです。

 「アメリカで働くことに少し興味がある」みたいな方はまず読むべき書籍であることは間違えないです。

エンジニアとして世界の最前線で働く選択肢 ~渡米・面接・転職・キャリアアップ・レイオフ対策までの実践ガイド


-Sponsored-