たっちょのサブブログ

ババっと書いて、ササっと公開してます

シアトル -旅メモ


-Sponsored-

f:id:taccho:20171008135530j:plain

シアトルにやって来ました。

今週から待ちに待った留学開始です。ここ1週間で感じたシアトルの街の特徴を書きなぐりタイト思います。

 街の外観

シアトルの街は石造りの伝統的な建物と、東京やニューヨークのようなビルビルしい建築物が混在しています。最近は開発が進み、特にダウンタウンなどはほぼビルビルしくなっている印象を受けます。ワシントン大学がある北の方はダウンタウンに比べるの開発の速度は遅いですが、それでも新しい建物が立っており、近代化が進んでいっているのかなという印象です。

物価

Amazon やMicrosoft の本社やGoogleやAppleのセカンドオフィスなど大企業の拠点が集まっている都市ですので、物価はどんどん上昇しています。家でいうと、ワシントン大学の近くに住もうとすると、ルームシェアでも最低月1500ドルの家賃を取られてしまうのではないでしょうか。

またランチではちゃんとしたものを食べようとすると、最低10ドルはかかってしまいます。マックのビックマックセットでも8ドルほどしてしまうため、かなり物価は高いと思います。

気候

夏のシアトルははっきり言って天国です。最高気温は30度行くか、行かないか程度。日本の夏と違って、湿度が全くないので、30度まで行っても特別暑いなと感じません。そして1番のポイントは、何と言っても雲1つない青空。日本では晴れても雲はあると思いますが、シアトルは文字通り、雲が1つもありません。

交通

シアトルはバスが非常に発達した都市で、どこに行くにしてもバスで移動できます。1回チケットを買うと、数時間の間は乗り放題ですが、どこから次のチケットを買わないと行けないかについてはわかりません。

地下鉄は南北に1本だけ走っており、改札がないので、最悪チケットを買わないでも乗ることができますが、あまりお勧めしません。警察官がきて、バレてしまったら100ドルの罰金を払わなくてはいけません。

車に関して、朝夕はいつも渋滞していて大変そうだなという印象。

治安

アメリカにしては治安はいいほうだと思います。たまに事件なども起こりますが、日本と比べてもそんなに頻度が多いなという印象は受けません。ただ夜の一人歩きの恐怖感はかなりあります。

ホームレス

こっちにきて一番驚いたのはホームレスの多さ。ダウンタウンに行くとかなりの数のホームレスがいます。以前は高速道路の下にホームレス居住地区があったそうですが、市がそこを封鎖してしまったために、街がホームレスで溢れています。ホームレスのほとんどは黒人で、分断社会だなということをまじまじと感じました。

マリファナ

シアトルのあるワシントン州はマリファナが合法です。中心地には少ないですが、ちょっと離れるとマリファナショップがポツポツあります。近くには危なそうな人もたくさんいるので、そういうエリアはおすすめできません。

終わりに

旅行の写真などはインスタにあげています。よかったら見に来てください。

www.instagram.com


-Sponsored-